特価情報☆小岩井備忘録

日々のお買い物をおトクに。トレンド商品やセール商品の紹介、携帯の特価情報を発信します。

小岩井備忘録

MENU

楽天モバイルと他社の比較。楽天モバイルはデータ使い放題で月額2,970円!モバイルWi-Fiで固定回線の代わりとしての利用方法も!

▼前回こちらの記事では楽天モバイルの解説や主なキャンペーンについて触れました。

楽天モバイルはメリット盛り沢山!月額3,278円でデータ無制限!Rakuten Linkで国内通話無料!SPU最大+3倍!対象iPhone購入で最大24,000ポイント還元

今回は前回とは違った目線で楽天モバイルを紹介していきます。

楽天モバイルと他社の比較

楽天モバイルと競合相手になるのはやはりキャリアのオンライン専用プランであるahamopovoLINEMOです。

まずはデータ容量から見た料金の比較。

楽天モバイル ahamo povo LINEMO
3GBまで:1,078円   3GB:990円 3GB:990円
20GBまで:2,178円 20GB:2,970円 20GB:2,700円 20GB:2,728円
20GB以上:2,970円 100GB:4,950円 60GB:6,490円  

3GBで見ると若干ながらpovo・LINEMOに軍配が上がるものの、3G以上、20GB以上になると料金的には圧倒的に楽天モバイルに軍配が上がります。

楽天モバイルの場合、無制限でいくら使っても2,970円以上は料金は上がりません。

また楽天モバイルの場合はワンプランで20GB未満で収めれば2,178円と安くなるのも他キャリアにはないメリット。

料金プラン詳細 | Rakuten UN-LIMIT VII(料金プラン)

3GBでは足りなくても自宅に固定回線がある方は20GBまで使わないユーザーの方も結構いるはず。

他キャリアの場合、プラン変更やトッピング変更をしなくてはいけません。(翌月から適用)

POINT

・楽天モバイルはワンプラン。あまり使わなかった月は自動で割引。

・楽天モバイルは2,970円で無制限データ使い放題。

次は通話定額サービスを比較してみます。

  楽天モバイル ahamo povo LINEMO
かけ放題(5分以内) 0円 0円 550円 550円
かけ放題 0円 1,100円 1,650円 1,650円

※楽天モバイルはRakuten Link利用時

通話定額サービスでは楽天モバイルが圧倒的に軍配が上がります。

5分以内が標準でついているahamoも良いですね。

料金・データ量 | ahamo

楽天モバイルの場合、Rakuten Linkというアプリを利用した際の通話が無料通話の対象ですが通常の通話アプリを利用する際の通話定額オプションも用意されています。

月額料金は1,100円。初回3ヶ月無料!

15分(標準)通話かけ放題

ちなみにRakuten Linkの隠れた大きなメリットとして海外旅行の際に日本宛ての発信や着信(Androidのみ対応)も無料!他社は国内通話のみ通話定額の対象です。

さらに海外でのデータローミングも対象66ヶ国にて2GB/月まで無料で利用可!追加料金はかかりせん。

海外ローミング 対応エリア

POINT

・楽天モバイルは無料で通話かけ放題!

・楽天モバイルは海外旅行先でもお得に通話も通信が利用可!

楽天モバイルは固定回線にも利用できる

楽天モバイルはスマホで利用する以外にもモバイルWi-Fiで運用する方法もあります。

モバイルWi-Fiで利用されることの多いUQ WiMAXと比較してみます。

  3GBまで 20GBまで 20GB以上
楽天モバイル 1,078円 2,178円 2,970円
UQ WiMAX     4,268円(26ヶ月目以降4,950円)

※UQ WiMAX ギガ放題プラス ホームルータープラン/ギガ放題プラス モバイルルータープランとの比較

楽天モバイルならあまり使わなかった月は安くなり、さらにデータをいくら使っても 2,970円です。2年目以降割引がなくなり値上げといったこともありません。料金面では楽天モバイルに軍配が上がります。

UQ WiMAXは2.5GHzという高周波帯を利用している仕様上、屋内で繋がりにくいです。

しかしオプションのプラスエリアモード(月額1,100円)に加入することで、屋内に強いau 5G/4G LTEエリア(800MHz、いわゆるプラチナバンド)も利用できるというメリットがあります。(15GB/月まで)

UQモバイルとセットで自宅セット割を組むことでプラスエリアモードが無料になり、30GB/月まで増量される特典もあります。

楽天モバイルの場合はデータ使い放題で利用できるのは楽天回線エリアのみ。(パートナー回線は5GB/月)

早期に97%の人口カバー率を達成したものの楽天モバイルもまた高周波帯を利用している仕様上、UQ WiMAXと同様に現状は屋内で繋がりにくくなる報告がありますが、これを解消するために楽天モバイルではプラチナバンドの獲得に動いています。

楽天モバイル「プラチナバンドは2024年3月からの使用開始を目指す」 - ケータイ Watch

現状、楽天回線のエリアを見ると都心部はほぼ完全にカバーできていることが確認できます。

通信・エリア | 楽天モバイル

例えば都心部のアパートなどのワンルームにお住まいの方は窓側にモバイルWi-Fiを設置することで部屋全体で快適に利用できることが想定されます。

以前まで1日あたり10GB以上利用すると速度制限されるという報告がありましたが現在はそのような規制はないようです。

※「公平なサービス提供のため速度制御の場合あり」という文面は現在もあります。意図的に負荷をかけるような通信はお控えください。

つまり利用環境によっては自宅の固定回線の代わりとして月額たったの2,970円でデータを使い放題できるということです。

今ならモバイルWi-Fiの購入と同時にRakuten UN-LIMIT VIIお申し込みで実質0円キャンペーン実施中!

Rakuten WiFi Pocket 2 本体価格実質0円キャンペーン

POINT

・楽天モバイルは人口カバー率97%!都心部はほぼ完全に楽天回線エリア

・利用環境によっては楽天モバイルを固定回線の代わりにデータ使い放題で快適データ通信

最近の物価高騰で固定費である通信費を見直す方も多いと思います。この機会に楽天モバイルの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク