小岩井備忘録

携帯の特価情報やセール商品の紹介などお得な情報を発信します。

小岩井備忘録

MENU
スポンサーリンク

【マイグレPI】ドコモのマイグレ値引を適用させる為の条件

スポンサーリンク

11月からドコモにて「はじめてスマホ購入サポート」という施策が開始されました。「はじめてスマホ購入サポート」FOMAからXiへの変更時または他社3G回線からXiへの乗り換え時最大22,000円(一部機種は11,000円)の機種代金の割引が受けられる施策です。
iPhone 11やGalaxy Note10+(SC-01M)などの新機種は22,000円の割引、iPhone8、iPhone7など旧機種は11,000円の割引、新機種でもAQUOS sense3(SH-02M)やGalaxy A20(SC-02M)などローエンド機種は11,000円の割引となっています。

Phone8、iPhone7など一部機種は乗り換えの際、「端末購入割引」が利用できるので他社3G回線からの乗り換えでしたら合わせて22,000円の公式施策の割引が受けられます。

特価BLの方は「はじめてスマホ購入サポート」及び「端末購入割引」については端末購入補助に当たる為、おそらく施策適用不可になると思われます。

 

マイグレの場合の「はじめてスマホ購入サポート」の適用条件の押さえておくポイントとしては

FOMAからXiへの契約変更

 

キッズケータイプラン・データプランからの変更の場合は不可

 

③過去6か月以内に機種購入手続きをした回線は不可

 

④過去6か月以内にXiからFOMAへの契約変更をした回線は不可

 

⑤過去6か月以内に持ち込みで新規契約をした回線は不可

 

①は当然として、②は少し残念。非音声やフォトで寝かせている回線は適用できません。

③、④、⑤はようするにFOMA契約での端末利用期間が6ヶ月間以上必要ということですね。FOMAの音声契約は今年9月に受付終了しているので今から用意するのは困難です。個人的には焦ってマイグレするより保有しているFOMA回線は大切にして、来年3月あたりまで様子を見た方がいいという印象です。

更に

※現在ご利用の端末が3G回線専用機種であることをお手続き時に確認できる場合に限ります。

という文面があります。

最終購入端末が3G機種で登録されているか確認するということですが、手続き上での契約情報の目視確認のみで、ALADIN(ドコモの顧客情報管理システム)の操作上では最終購入端末が3G機種でなくても通ってしまうということでしょうか?11月以降、要確認ポイントだと思います。

 

また、他社3G回線からの乗り換えについても3G機種からの乗り換えであることを手続き時に確認する必要があります。確認方法については現時点では自局番号表示をした3G機種の本体を提示、移転元の電話番号と3Gプラン名が記載されている契約書面や料金明細のコピーなどの提示が確認方法とされています。少なくとも3G機種を所有していない状態でマイグレMNPを試みるのは困難だと言えるでしょう。

スポンサーリンク